格安な慰謝料を目指す

慰謝料を受け取る側にしてみれば慰謝料はできるだけ高額なほうがいいに決まっていますが、逆に支払う側の立場になれば1円でも安く済ませたいものです。もちろん、慰謝料を支払う立場になったということは自分自身が不倫をしていたということなので、身から出た錆とも言えます。しかしながら、不倫をしていた日々は楽しくてもいざお金を払うとなれば、やはり少しでも穏便に済ませてほしいと願ってしまうものです。

このような願いを抱いているのであれば、やはりこの分野に強い弁護士を代理人に立てて相手との交渉をおこなってもらうべきです。基本的に支払う側が立場が弱く、相手の言いなりになってしまうような傾向もあるのが不倫における慰謝料問題だと言われています。そのため、話し合いに挑んでも相手から感情任せに高額な金額を提示されてしまい、それを受け入れるしかないということもあります。

弁護士しかし、話し合いに本人ではなく弁護士が挑むことによって、相場以上の高額な慰謝料の請求をはねのけるようなことも可能と言われています。そのため、慰謝料を少しでも安く済ませたいとの思いがあるのであれば、支払うことは仕方がないにしても、できる限り安くおさめるためにプロの弁護士を依頼しておきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket